令和3年度米需要創造推進事業

【医食同源・玄米で健康】シンポジウム

2021/12/18

10:30~16:00
東京ミッドタウンホールB(540㎡)
東京都港区赤坂9丁目7−1
定員:会場200名、オンライン参加500名 (会場参加かオンライン参加をお選び頂けます)

会場参加者全員にプレゼントします!※オンライン参加の方にも抽選でプレゼント!

令和3年度米需要創造推進事業
【医食同源・玄米で健康】シンポジウム

【医食同源・玄米で健康】シンポジウム

日本人の食生活に欠かせない「お米」。とくに玄米には、食物繊維、ミネラル、ビタミン、さらに近年の研究では、玄米にはGABAなど機能性物質が含まれ、抗酸化機能があることがわかってきました。今回のシンポジウムは、こうした玄米の健康効果について科学的根拠に基づき、各分野でご活躍の講師よりわかりやすい内容でお話いただきます。

講師紹介

理事長 渡邊昌氏

一般社団法人メディカル協会

午後の部

『玄米で健康』

西洋医学と東洋医学を融合させた綜合医療で、長年「食養」に取り組み、玄米のエビデンスを編纂。玄米七徳の健康長寿への道を60年の体験から語る。

代表理事 尾西洋次氏

一般社団法人 高機能玄米協会

午後の部

『高機能玄米とは』

一般社団法人高機能玄米協会が当初から取組んでいる発芽玄米や玄米食専用品種「金のいぶき」の普及活動、栄養面での特徴、これまでの研究成果を発表。また、コロナ禍での玄米の消費動向や玄米食全体の需要拡大、背景について語る。

代表取締役社長 岩井健次氏

おむすび権米衛 株式会社イワイ

午後の部

『“おむすび”世界を変える』

「日本の農業に貢献する」という経営理念のもと、おむすびチェーン店を国内外に展開。創業当初から玄米の健康効果にも着目し、玄米商品も豊富にラインナップ。コロナ禍で国内店舗が打撃を受ける中、海外店舗では最高売り上げを更新、そうした消費の背景を語る。

所長 江川 和徳先生

江川技術士事務所

午前の部

『玄米の将来について』

大坪 研一先生

新潟薬科大学特任教授

午前の部

『機能性玄米について』

主催

株式会社グレイン・エス・ピー

後援

一般社団法人メディカルライス協会
一般社団法人高機能玄米協会
一般社団法人全国農業会議所
女子栄養大学出版部